読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年前のインド旅行記

学者兼会社員58歳が30年前のインド、ネパール珍道中日記を書き起こします。

マチャプチャレとマンダラ

f:id:meibinas:20170103180313j:plain

ボートからマチャプチャレを望む

朝一に起きて、マチャプチャレの日の出を見に行くはずが、寝坊してしまった。ポカラに来て、2日間泊まったBABA LODGEはちょっと値段が高いので、明日、カトマンドゥ行きのバスが出るホテルカントゥプールに変えた(共同シャワー75ルピー)。飯を食って、午前中はお洗濯。旅先で洗濯するのはとても気持ちがいい。

午後、湖にボートを浮かべた(2時間、15ルピー)。湖面に出ると、風はほとんどなく、意外と暖かくポカポカしている。湖を囲む山越しに、雲の間に間に、時折ヒマラヤの白壁が覗く。ボートの位置を変えるとマチャプチャレも望める。気分も次第に和らいでくる。ボートを漕ぐのをやめて、仰向けに寝っころがり、空を見上げる。日常の中で加速度的にスピードを上げ過ぎ去って行く時間は、ここでは止まったかのようだ。数ある生き物の中でも人間として生まれ、こうしてゆっくり物ごとを考えられる時間を持てることに感謝だ。

一枚のマンダラに惹かれる

夕方、土産物屋をからかってるうちに、そのうちの一軒で、マンダラやタントラのメモ帳などを売っている兄ちゃんの店に寄った。一度目にメモ帳を買った後、また通りかかると、中を見ていけと言う。色々、話していると、彼もレゲエを聴くらしい。それじゃということで、彼が部屋から持ち出してきたボブマリーのカセットテープを聴きながら、インド人はクレージーだとか、1000ドルで一山を買った日本人の話とか、いろいろ話しこんでいた。そのうち、壁に掛かっている3つのマンダラのうちの1枚に目を奪われ、見入ってしまった。彼に言わせると150ドルはする代物だという。じっくり見れば見るほど欲しくなってくる。彼が、買えよ、安く売ってやると言う。僕は悪いが今、そんなに金がないので買えないと言う。でも何回も見るうちに欲しくなってくる。結局90ドルで買ってしまった。それくらいの価値があると思った。両親がいないが小さい店を持って頑張ってる彼にも、いくらかは儲けさせてやろうという理屈づけをして、自分を納得させて買った。しかし、このマンダラ、ザックには入らない。これから先、持ち運びに不便だが、肌身離さず持ってることになる。ちょっと、不条理な買い物をしちゃったのかな。